FC2ブログ


ボールを捕るときのくせを矯める

子どもネタの続きです。ボールを捕るときに、手首を返してしまいます。腕に対して、手首が掌側に折れるというと通じますか?横回転という人もいますね。ですから、ボールがグラブの中にしっかり入ったときはボールが捕れますが、タイミングが早かったりすると、グラブの先に引っかかるようになって、送球するときにボールがすぐには握れません。もっとタイミングが早かったりすると、グラブの下をボールが抜けていきます。力がない...

その場の状況によって、ですね。

おもしろいですよ。たとえば、送球の速さと正確さを求めるために、塁間のボール回し10周を50秒とかって、目標を決めて練習することってありますよね。この時期、筋力upだ、なんて理由で、罰ゲームみたいなものをつけて、クリアできないと、○○20回、というようなものをつけることがあります。それで、クリアできなかった時、ミスした選手に、本気で文句を言う選手がいます。「しっかりやれよ!」みたいに。たいてい、年長者...

一つ一つの練習の目的を考えると

今日は、暖かかったですね。天気予報では、朝方雪が降るということでしたので、どこで、何の練習をしようかと考えるほどでしたが、いい意味で、予想がはずれました。今日、練習を見ていて思ったのは、選手は一所懸命しているし、うまくなってもいるのですけれども、今している練習の目的は何なのか、案外理解していないのかもしれないなあ、ということです。今日は、キャプテンを中心に、練習メニューを考えて取り組んでいましたが...

グラブを立てろって、言うの、難しいですね。

中学生の子どもに、「ゴロを捕るときには、グラブを立てるのだよ」と言ってみましたら、グラブの先が地面に着くか着かないかくらいに下ろして、手首を、手の甲の方へ曲げて捕るようになってしまいました。軟式野球ですから、もしかしたら、それでもいけるのかもしれませんが、グラブの指の入っている部分の背中が地面に着いて、掌のあたりの捕球面が地面に立っている状態にして欲しかったのですけど。(うまく、伝えられないですね...

足の揃ったランニングが大切なわけ

練習を始めるときに、チーム全体でランニングしますか?チームの目標を達成するのに、例えば、全国大会優勝、というような目標に向かっているときに、チームの中に、1人でも、「オレはレギュラーじゃないから、どうでもいいや」なんて考えている選手がいたら、おそらく目標は達成できないですよね。モチベーションを維持できないでしょう。(自分自身が現役の頃、 しばしば、そういう気持ちになったので、 痛いのですが、よくわ...

○○で優勝するための目標設定用紙

カントクから、選手に配ったというプリントをいただきました。「○○で優勝するための目標設定用紙」というものです。こうしたものは、自分でもこれまで作成して、月ごとに選手に書かせて(そう、書かせて)いたのですが、今思うと、選手にとっては、書かされていましたから、あまり効果がなかったようですね。見ると、テキトーに埋めて終わっていた、という感じでしょうか。もっとも、そういうときは、選手の意識が低いから、そうな...

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較