FC2ブログ


骨盤のズレが首や肩にまで影響する

年末、首肩周りの調子があまりよくなく、周囲のススメもあって、整骨院というところに行ってみました。付き添い以外で、こういう所に行ったことはこれまでありません。自分が診療してもらうのは初めてです。センセイによると、肩に力が入っている。左の骨盤が内側にずれている。それを戻そうと反対のねじれが背骨に働いて、体を左に捻ろうとしている。というような話でした。これまでを振り返ると、自分の左側には体がよく回ります...

エンカルがいいらしいですね

先日、記事にしたように、 こちら → 指導者は1人でいいのだと、改めて思いました。グランドが、朝方は、凍っていてカチカチ、暖かくなると、グチャグチャ、の状態なのですが、気づくと、近くに、建物の陰なのに土が軟らかくて、グチャグチャにもなっていないグランドがあるので、どうしてなのか、聞きに行きました。サッカーをやっていた方に聞くと、管理している人にお願いして、塩カルをまいてもらっている、のだそうです。...

指導者は1人でいいのだと、改めて思いました。

今朝は、わたしの住む地方でも氷点下になりました。今シーズン初めてです。日陰では土が凍り、陽が当たるにつれて融けだして、グランドはグチャグチャです。水はけの悪いレフトの前辺りに行くと、クチュクチュピチュピチュ小さな音が聞こえてきます。芝生の氷がとける音でしょうか。それでも、10時頃までは、日差しも温かく風もなく、穏やかでした。フットワークやキャッチボールなどをすることができました。さて、コーチをして...

インサイドアウトのスイングのための練習

ドアスイングに対しての矯正練習で、以前した方法です。3人組でのトスバッティングです。ピッチャー役が投げて、バッターが打ちます。右バッターだったら、もう一人がピッチャーよりセカンドより、左バッターだったら、もう一人はショートよりに守って、そこに打ちます。同じことをバスターでやってみるのもいいと思います。ボールを引き付けておいて、逆方向に強く打たせます。捕れないことも多くなりますから、守る背中にフェン...

ドアスイングがなぜ矯正されないかというと

インコース高めに投げられたストレートを、緊急避難的に、体を沈ませながら、構えたところからバットを出して叩く、というスイングは、もうバッターとしては、仕方ないわけですから、いいとしましょう。バッターはストレートを待っているのではない、とわたしは思っているからです。でも、内角高め以外のコースでも、同じようなスイングをして打つという、スイングになっているんですね。我がチームの選手の多くは。バットを持つ手...

スローイングへの言葉かけ

あまり細かいことを言わないカントクが、スローイングの練習を採り入れました。軸足を、投げる方向に垂直に置き、もう一方の足を、投げる相手に向け、ボールを頭の後ろにもっていっておいて、背骨を軸にして、回転させる。投げる腕には力を入れず、柔らかいムチのようにする。というようなことを話していました。なるほどなあ、背骨を軸にして回転させる、かあ。そうすれば、自然と股関節が締まるかなあ。その辺の表現が思いつかな...

中距離走の練習を始めました

今日の練習からいよいよ中距離走を始めました。今シーズン初めてなので、まずは、数本、体にペースを覚えさせるために、200mを40秒で走りました。その後、そのペースで、2分間走ります。時間になったら、その場で止まって、2分間休み。2分間に、またスタート地点に戻ってきます。今日は、6本走りました。年明けには、8本でしょうか?昔は、最後の1本でも700mくらい走る選手もいましたが、今の選手では、1本目で6...

10人中何人に有効なのか?

週末なので、練習前に、高校の指導をしている先輩にご挨拶。グランドが近くなのです。直接指導はしていただかないにしても、遠目で選手を見ていただいて、ときおり指導法のアドバイスをいただいています。「本で読んだり、講習会で学んだりしたことを、 自分の見ているチームの選手に試してみて、 10人中何人に有効なのか、 という検証をしていく必要があると思うんだよな。」「自分が手を入れたことで、選手が悪くなっちゃう...

腿上げの練習のバリエーションを見たので。

自分の関わっているチームの練習ばかりだと、幅が広がらないな、と思うのは、ときどき、違うチームの練習を見せてもらって、あーこういう方法もあるのか、と思うからです。先週、チラチラ見せてもらった練習には、こんなものもありました。アップが終わって、まだ少し寒さが残っている時の、ボールを使う前の練習です。2人組になって、向き合って、1人が腿上げをします。ペアが手を、相手の膝より少し高い位置に出して、腿上げの...

ケガをしたら練習に参加しないという選択も、家族ならアリかな。

以前記事にしましたが、子どもが骨折をしました。「骨折しているのだから、お休みでいいだろう」と、少年野球のときなら言っていたはず、です。本人も、母親も。中学生になって、やっと、骨折してもチームと同じ行動をしなければいけない、いや、チームといっしょの行動をしたい、という思考になってきたようです。そういう考え方になってきたのが、嬉しいような嬉しくないような気がします。というのは、野球をずっとやってきた方...

ダッシュの練習

先日、高校野球を見学した時に見たのですが、上手く説明できないのですけど、膝を上げて、すぐ下に落とす。反動で同じ脚を上げて、すぐ下に落とす。スキップみたいな練習を取り入れていました。指導している先輩に聞くと、足が速くなるのだそうです。ダッシュの脚の動きは、脚を上げたら、前に出すんじゃなくて、すぐ下に、素早く落とす。のだそうです。上がっている脚は、働いてないだろう?だから、下ろしてやる。なるほど、もし...

今日の練習メニュー12/11

今日は暖かくて、野球日和でしたね。この時期、まだ近隣のチームから練習ゲームのお誘いがあるようですが、12月は暖かい日差しの下で練習ができるので、カントクは積極的に練習しています。大賛成です。今日は午前中はバッティングでした。このところ、暗くなるのが早く、室内練習場も、ナイター設備も持たない我がチームではほとんど動いている球を打てていませんので、時間を割いたようです。そして昼食前に、ティーバッティン...

教えられることに飢えているんじゃないかな?

先の週末。子どもの中学校の練習ゲームを見に行っていました。そこで、思ったのは、彼らは、教えられることに飢えているのではないか? ということです。試合前の練習が始まるところで、いつも、だらだらとランニングを始めるのを見かねて、話しかけてみました。先生に2列で走れと指示されているの?いいえ。だったら、3列にしてみたら?それから、列の間の間隔を少し開けて、前後の間隔も開けて。人数が少ないんだから、相手チ...

トリッキーなプレイ?

きょうも子どもネタです。変則ダブルヘッダーの第2試合目のチームは、おもしろい守備の形を見せてくれるので、楽しみにしているチームです。夏に試合を見せてもらったときのプレーは、こんな感じでした。ランナー1,2塁で送りバントだ、という時に、セカンドがプレッシャーをかけながら前に出てきて、サードの前で構えます。ピッチャーは、セカンドが自分の前を横切った時に投球します。そして、バッターがサード前にバントした...

シートノックで今日の試合は終わってしまった感じでした

骨折した子どもの送迎のために、今日も、自分のチームの練習をさぼって、中学野球をのぞきに行ってきました。学校に7時集合。車で対戦相手のグランドまで移動。7時20分くらいに着。まだ、グランドを作っているところでした。自分のチームのベンチ側のラインを先に引いて、、落ちている銀杏の葉を掃いて、、。よく見ると、サード前には川のようなあとが、、昨年もお邪魔したことがあるチームなのですが、雰囲気がちょっと違いま...

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較