FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >練習の記録 >>動けないときに、何をするかですね。

動けないときに、何をするかですね。

先日もお伝えしましたが、

インフルエンザ様疾患のため、

練習に参加できない選手がたくさんいます。


 過去の記事はこちら ↓

  誰が出場してもゲームになるようにしたいですね


今日、その中の1人を訪ねてみますと、

読書をしていました。

読んでいたのは、こちらです。

中村順司の野球はうまくなる! (宝島新書)

動けないときにも勉強しているのだなあ、と感心しました。



昨年、中村順司先生のお話を伺って、


 過去の記事はこちら ↓

  中村順司先生のお話を聞きました。

  中村順司先生の実技指導


「バットを体の中に入れる」というスイングを意識していたので、

そのための指導法が書いてあるか尋ねてみましたが、

どうも、ないようなので、


では、特徴は何かと聞くと、

「中村監督自らが演じる写真がたくさんあること」だそうです。

ちらと、見せてもらいましたが、確かに写真がたくさんありました。

この手の新書版の本で写真があるのは、お得な感じがします。



こうした写真を見てしばしば思うのですが、

写真って、

右バッターなら、左バッターボックス側から撮っているものが多いですね。

そうしないと、見えないからなのでしょうが、

イメージするときに、左右をひっくり返さなくてはならなくて、苦労しませんか?

私は右打ちなので、左バッターの写真を見た方がイメージしやすいのですが、

いかがですか?

右バッターの写真なら、むしろ、背中から撮った写真の方が分かりやすいような気さえします。

自分の目の向きと同じだからでしょうね。

ピッチャー投球フォームの写真を見るときも同じです。

背中側から見た方が分かりやすく感じます。


私だけでしょうか?

細かいところを意識していないからなのでしょうかねえ。






この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/119-c37b64a8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較