FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >野球に生かしたい言葉 >>『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は、いいですよ!

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は、いいですよ!

おもしろい本を読みました。

この本を読み込み、もう一度自分のチームについて考え直そうと思いました。
新たな方向が見えてきそうです。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら



ドラッカーの組織マネジメントを野球に取り入れる


では、何カ所か引用します。

それは夢などというあやふやなものではなかった。願望ですらなかった。明確な目標だった。使命だった。

「野球部の『顧客』って誰なのかな?」

『フォアボールを出したくて出すピッチャーは、この世に一人もいない』

野球は、実力だけでするものじゃない。エースなら、それはやっぱりそれだけの責任があるんだ。それを果たさないようなやつに、投げる資格はない。

「部員たちが出たくなるような練習メニューを作る」

毎日の練習が終わるたびに、その日足りなかったものは何か、あるいは不要だったものは何かを洗い出した。また、分析の指標の一つとして、定期的に練習試合を組むようにもなった。

この「自己目標管理」の効果は絶大だった。部員たちは、自らが練習方法を決めることで、これまで以上に強い動機づけを持ち、最善を尽くすようになったのだ。

部員たちは、自らの強みが生かされることによって、その役割に対する責任感をますます強めた。

野球部が目指すべき規模は「最大」ではなく「最適」だった。

バッターボックスに送り出される前、次郎は、監督の加地から「敬遠したことを後悔させてやれ」と発破をかけられていた。しかし彼は、そういう敵意をピッチャーに抱くことはなかった。むしろ、自分と対戦してくれることに感謝の気持ちを覚えていた。




もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

書店で表紙を見ると、手に取るのをためらう方もいらっしゃるかもしれません。
が、
読んでみる価値があると思います。

わたしは、自分の立場でなく、選手や応援してくれている人の立場になって考えようという気持ちになったことが大きな収穫でした。

ドラッカーの『マネジメント』を意識しなくても、純粋に野球小説、青春小説として読んでも、おもしろいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ 



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/146-7102522a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較