FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/208-597734cc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >未分類 >>ソフトボールの練習で見た片手打ち

ソフトボールの練習で見た片手打ち

8月に高校のソフトボールの練習を見学しました。

バッティング練習の時に、いくつかのグループに分かれて
練習をしていました。

ティーバッティングをしている選手は、
高めのボール、ライズボールを打つ練習をしていました。

こんなかんじの短いトレーニングバットを使っていました。
後ろの方の手(右バッターの右手)でバットを持って、
上から叩く、というイメージです。

ボ-ルを投げるときのように、
振った後に、後ろ手の親指が下を向くような
腕をひねり込むようなスイングをしていました。

水平に振ろうとすると、
右バッターなら、左ひじがあがり、振り切れないからだ、ということでした。


確かに、中学生の子どもの試合を見に行くと、
そんなスイングに出合うことがあります。

体の小さい子が、高めのボール気味の球を振らされて、
前の手の肘が上の方を向いて、バットが前へ出てこない空振りをします。


そこで気になったのが、チームの選手のスイングです。
先日の記事でもご紹介しましたが、
それ以後、見ていると、
子どもの頃に右打ちを左打ちに変えた選手に目立つことがわかりました。

インコースの高めを打つときに構えたところから、
叩くように打ちますが、
体が開いてバットが外から出て、
手首の返しで誤魔化しているように見えるのです。
外側のボールは打ちづらいだろうなあと思います。

このソフトの練習を入れたら、生きるでしょうか?


にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/208-597734cc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。