FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/209-1dc490b0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >関連書籍 >>『スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)』で150kmを打てるか?

『スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)』で150kmを打てるか?

気になっていた本を読みました。
スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)』です。
(合わせて付属のDVDも見ました。)

すでに、『だから速読できへんねん! ~脳のブレーキを解き放て~』を購入していたので、その続編だ、と思って読みました。
『だから速読できへんねん!』では、速読トレーニングをした人が、150kmのボールを打っている様子が紹介されていましたし、試合前に球場内で試合を待つ選手たちが速読トレーニングをしている、ということも紹介されていましたから、期待しました。

新たなトレーニング方法が紹介されているのではないかと、
付属のDVDの内容が気になりました。

結果からいうと、直接野球に生きるトレーニングは紹介されていません。

ただ、速読のトレーニングをしたことが、野球に生きるであろう、
ということは読めました。


こんなふうに書いてあります。

つまり、速読とは自分を変えるためのツールであって、それ自体が目的ではありません。速読を習得したことによって活かせるようになった脳力を、自分の使いたいフィールドで活かすことが大切なんです。




速読することで、

ボールを打つには、以下の3段階を踏む必要があります。
1 飛んでくるボールを見て、その情報が目から視神経を伝わって脳に届く
2 それを受けた脳が、「バットを振れ」という指令を手の筋肉に出す
3 実際に手の筋肉が動いてバットを振る

という流れの、1、2が速くなるということです。



埼玉西武ライオンズの佐藤友亮選手の言葉が紹介されていました。
気になった部分を引用します。

もちろん、すでに変化に慣れ、効果があった部分もあります。まず守備の面では、ホームの開幕戦でフェンスぎりぎりに落ちてきたファウルフライをスムーズにキャッチすることができました。視野が広がり、ボールを見ながらでもフェンスとの距離感が計れていたので、ぶつからずに済んだのです。



打つ以外のプレーにも、速読することで鍛えられた脳が、イイ影響を与えるらしいです。


本を読み、DVDを見ながら、トレーニングをしましたが、

2回目以降は「目のストレッチ」「視野を広げるトレーニング」「画面に流れる文字を眺める」の3つを行えば十分です。

ということです。

パソコンのモニターを見ながら、1日10分ほどでしょうか? 
まず、自分の子どもにやらせてみようかと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ 人気ブログランキングへ



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/209-1dc490b0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。