FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/238-8c457c1f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >高校野球 >>当たるところから考える。

当たるところから考える。

近くのグランドで練習をしている先輩のところにご挨拶に行って、

いろいろと話を伺いました。


フリーバッティングを見ていると、

体の小さな選手たちのスイングが、

リストを返して手だけで打っているようだったので、

そう話してみました。

すると、

今、そういう指導をしているのだそうです。


選手にまだ力がなくて、バットが重く、

その重いバットを振ろうとすると、

ミートの精度が落ちる。

だから、振らせない、のだそうです。


なるほど、と思いました。


ゴルフの例を出してくれました。

私はしないので分からないのですが、

レッスンプロなどが指導するときの話によると、

初心者がボールに当たるようにするには、

下半身を使わずに手だけで振る方が当たるのだそうですね。



下からじゃないんですか?

下からじゃないんだよ。



ボールを打つ、

当たるところから考えていけば良いんだよ。


なるほどねえ。


ボールを打つのはバット、

バットを持っているのは指、手、、だから、

手の使い方を覚えるのが先。

結局のところ、バッティングは腕力みたいなところもあるからね。



守備だって、

打球を捕って、投げるんだから、

スローイングの最後の部分の指先から考えるだろ。


んー、確かにそうですね。



そっと選手に聞いてみました。


打った時に力が伝わっている気がする?

ええ。

打球が伸びてるように思います。

難しいんですよ。

膝を落とせっていわれるんですよ。



なるほど、以前から見ていたスイングが、

今日の話で何となく分かってきました。


小さくまとまっているようでフェンス越えもあり得るスイング。


自分のチームの選手にカントクが指導しているのも、

こうした意図なのか、とちょっと分かった気がします。


にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ 人気ブログランキングへ



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/238-8c457c1f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。