FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >指導者の心構え >>笑顔で迎えましょう

笑顔で迎えましょう

今日の子どもの中学校チームは、
地域の中学校と練習ゲームだったそうです。

対戦相手の学校の指導者は、
わたしでも知っている
地域でも力のあると言われている方々。

そんなチームとゲームができて、羨ましいなあ、と
思っていたのですが、
帰ってきた子どもの様子は、、、。

今日は暑かったですし、
相手チームも強いわけですし、
先週は都合でゲームに参加していませんでしたし、、
良いプレーができなかったのでしょう。

不機嫌そうな様子でいると、周りの人も不機嫌になるから、
やめて欲しいんですけど。


指導者も同じでしょうか?

というのは、昔読んだ、山際淳司さんの
の中の話を、思い出したので。

この本の中で、
甲子園にも出場することになった、
群馬県の高崎高校の話がありました。

野球部の監督になった素人の先生が、
部員に、ベンチに帰ったときに笑顔でいてほしい、そうするとベンチに帰りやすい、と言われて、
笑顔で守備から戻る選手を迎える、と描かれていたように覚えています。
(うろ覚えで申し訳ないのですが。)

監督がベンチで笑顔でいたら、選手はやりやすいでしょうね。
コワイ顔が見ていたら、
怒られると思って、萎縮する選手が多いのではないでしょうか。


んー、ここまで記事にしてきて、
不機嫌そうな子どもに、不機嫌そうな態度で接するのは辞めようと思いました。
笑顔で話してみます。
大人ですからね、一応。





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/262-7e397a8b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較