FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/265-bff58ba0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C49] 麦藁帽子です

お久しぶりです
毎日、ブログの更新を楽しみにアクセツしています

ただ今、中学一年生の息子との関わりを悩んでいる最中に、こちらの記事を読み、大変参考になりました。

やはり、やらせることは良くないですよね!

しかし、子供は自発的になかなか行動しないため
生活面からアドバイスしているのですが、なかなか思うようになりません。

それって、当然ですよね!

これからも、ブログの更新、楽しみにしています。

[C50] 麦藁帽子さまコメントありがとうございます

実は、わたしも中学生の子どものことで考えていまして。
でも、内容は、学習のことなのですけれど。

待つってなると、難しいですね。
心の持ちようが。
  • 2011-09-18
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >指導者の心構え >>称賛が次に生きる

称賛が次に生きる

指導者でなくなってしまったので、
「指導者の心構え」なんていうカテゴリで記事にするのが気がひけるのですが、
勘弁して頂いて、まとまらない、
たわごとだと思って読んでください。


組織では、役割分担が大切だと思っています。
厳しい態度を見せる人と優しい態度を見せる人、
うるさいことを言う人と、何でも受け入れてくれる人、
という、役割分担、が必要だと思っています。


わたしの職場では、新年度に、
職場に新人さんや若い方が配属されると、
ある程度年齢がいっている者同士で、
わたしは今年は(この部署では)この立場で行きます、
あなたはこちらでお願いします、というような確認をしています。
教えることは誰もが教えますが、叱る、受け止める、立場を変えてるんですね。

で、わたしは、今年は叱る人「コワイ」人を演じてきました。
(昨年までは、受け入れる立場、相談を受けるような立場でした。)
職場で「コワイ人」だと、それ以外の場面でも、そういう自分になってしまうことが多いようで、イヤなんですけどね。
でも、そういう立場でした。
でした、というのは、もう4月から半年近くたったため、そういう立場を演じることに疲れてきたのもありますけれど、人間を読まれてきたということもありますね。


さて、考えてみると、
たとえば、5年6年先をゴールにするような、ある程度の時間がある場面なら、
「コワイ人」はそういらないと思います。
受け入れて「やさしく」教えていくことで、
いくらでも成長してもらえそうです。

しかし、仕事をする場面では、そう時間がありません。
野球でもそうでしょうか?

限られた時間だから、必要以上に厳しく接して、
自分の求めるところまで、上のレベルまで引き上げる、
ってことが多いように思います。

成績を上げるためには当然かもしれません。
成績を上げたいときは、そうしていたように思います。

でも、それって、
ときどき、
自分のエゴ、我が儘なんだよなあ、と思うことがあるのです。
自分の思うように他人を変えようとしているんですから。
野球でいうなら、勝つという大義名分があるにしても、
そんなことしていいのか? と思うこともありました。
してましたけど。

ですから、最近は、
人を変えようとせず、自分が人様のために働く、
という気持ちがいいのではないかと思うのです。


野球でいうなら、
ホントにプロ野球選手になりたい人なら、
あるいは、なるつもりのある人なら、
自分でやりますよ。
自分で変わるでしょう。
そういう人は、楽しみながら上達していきますよ。

今、プロ野球のゲームや練習は、見ようと思えば見られますから、
自分の姿とプロの姿を比べることは簡単でしょう。

それを、「プロになるのは、その練習じゃ足りないぞ!」って周りが言ってやらせていたら、
それって、何か変じゃないかなあと思うのです。

もし、そう言われるなら、
その人は、もともとプロになろうとは思っていないんじゃないかな?
と、思うのです。


仕事のプロになるのに、その仕事ぶりじゃ足りないぞって、言うかなあ?
ここをこうすると、プロになれるよって言い方ならするでしょうか?

野球の指導者なら、君がプロになるために、俺はこういうことをするよ、でしょうか?

それから、今日はこんなことを頑張ったね、という言葉の積み重ねでしょうか?

足りないところを指摘されるより、少しの努力でも称賛される方が、次に生きると思いますから。

もしかしたら、逆に、
できていないことをできているふうに褒めるかもしれないですね。
そうしたら、褒められた選手は、自分がそうできると信じて動きますから。





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/265-bff58ba0

0件のトラックバック

2件のコメント

[C49] 麦藁帽子です

お久しぶりです
毎日、ブログの更新を楽しみにアクセツしています

ただ今、中学一年生の息子との関わりを悩んでいる最中に、こちらの記事を読み、大変参考になりました。

やはり、やらせることは良くないですよね!

しかし、子供は自発的になかなか行動しないため
生活面からアドバイスしているのですが、なかなか思うようになりません。

それって、当然ですよね!

これからも、ブログの更新、楽しみにしています。

[C50] 麦藁帽子さまコメントありがとうございます

実は、わたしも中学生の子どものことで考えていまして。
でも、内容は、学習のことなのですけれど。

待つってなると、難しいですね。
心の持ちようが。
  • 2011-09-18
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。