FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/270-33328d3a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C43] 私もちょっと・・・

こんばんは 2回目の投稿です。

私は、保護者の立場ですが、保護者がチームのあり方、方向性を主張しだすと、けったいな感じになりますよね・・・ だってコーチ陣の中だけでも、方向性でモメる訳でしょ! そこでぶつかり合って方向性決めるわけですから・・・(それは仕方ないし、当たり前だと思ってます。 だって みなさん 真剣ですから。。。)

うちの家族は、監督、コーチに、息子を預けてますから、もし息子共々家族が、方針に納得できなければ、正面から話をして それでもダメなら やめるしかないと思ってます。

チームの入団誓約書にも『コーチ陣の方針には、口を出さない』って・・・書いてあるし

でも、ちょっと許されるなら、コミニュケーション取れてる状態でのコーチとの飲み会の場で、チームのあり方みたいな、話にちょっと 参加させてもらいたいなって ところですね。

うちのコーチ陣には感謝してます。 完璧なコーチ陣なんか居ませんよ! ボランティアですから、バックアップして盛り上げていくしか無いです!

実は、先日保護者の友達父さんと、ゆっくり飲みに行きまして、チームについて、語り合ったところです!

すいません 長々と・・・保護者もチームのあり方に、悩み、どうしたら良いのか、影でどう支えたら良いのかと 明るく悩んでいます。

いつも なかなか奥のある ブログ 楽しみに拝見させて頂いてます(ニコリ) また 心にぐいっと来たら 投稿させて頂きます。
  • 2011-07-08
  • H父さん
  • URL
  • 編集

[C44] H父さんさん、強いですね

H父さん コメントありがとうございます。

タイトルで、強いと表現しましたけど、
それは、

> うちの家族は、監督、コーチに、息子を預けてますから、もし息子共々家族が、方針に納得できなければ、正面から話をして それでもダメなら やめるしかないと思ってます。

って、読んだからです。

世の中では、心の中に思うことがあっても、
子どもを見てもらっている以上、
なかなか話ができない、保護者の方が多いと思っていますので。

指導者にもよるのでしょうけど、
わたしの子どもが少年野球をしていたときにも、
指導者に、とあるお願いをしたところ、それが、お気に召さなかったらしく、
指導部と呼ばれる方々から、
われわれが執拗な嫌がらせをいただきましたから。
おかげさまで、
2人目の子どもは、野球をやりたくないと、言っています。

それから、
よけいなことですけど、
> 『コーチ陣の方針には、口を出さない』
って、いうチームに対して、
個人的には、良いカンジがしません。

コーチの方々が、みなさん技術的にも人格的にも優れた方々ならよろしいでしょうけれど、
大変失礼なものの言い方になって恐縮ですけど、
少年野球を指導なされている方みなさんが、
そうとは限らないと思っているからです。

勿論これは、自分が指導していたときのことを振り返ってのことですけど。



> うちのコーチ陣には感謝してます。 完璧なコーチ陣なんか居ませんよ! ボランティアですから、バックアップして盛り上げていくしか無いです!
ということには大賛成です。
みなさんに感謝してもらえる指導者、
応援してもらえるチーム、って大事だと思っています。
でも、
ボランティアだからこそ、本気でやって欲しいなと、
思うことはしばしばあります。
中学生の部活動など、ホントにそう思います。

それから、少年野球の場合、
指導者はボランティアで指導してくれていますけど、
保護者は、どうなのでしょう。
子どものために、
朝早くからお弁当を作り、会場まで送り、応援をし、、などと、
これも、ほとんどボランティア状態じゃないですか?

逆に、ボランティアだと思われている、指導者の方の方が、
好きでやっているようなところがありませんか?

こんなこと言うと、失礼かもしれませんが。
自分の立場を考えてみると、そんな気がします。


  • 2011-07-10
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

[C45] ありがとうございます。

まだ伝えて無かったかも知れません。うちは、小学生の野球チームです。

コメント頂き はっと、しました。
コーチは、ボランティアだからと・・・それは、コーチ陣に対して、失礼な考え方だと判りました。

コーチ陣は、勝つことに、一生懸命、子供の成長を楽しんでやってはるし、それはそれでプロとしてやってるんですよね。

それと なんか、勝手に保護者とコーチ陣に線を引いている自分の気持ちにも 気付かされました。 目標は同じですから・・・

私にとって、とっても良いコメント頂きました。
ありがとうございます。
  • 2011-07-10
  • H父さん
  • URL
  • 編集

[C47] H父さんさん、コメントありがとうございます。

記事を改めて読んでみると、
なんか、自分が生意気なこと言っているので、
恥ずかしいですね。

少年野球の指導を何年も何十年もやっている、
名物監督さんと言われるような方がいらっしゃいますけど、
そういう方って、
野球の技術以上に、
心や気持ちについての指導をしてくださっているんじゃないかな、
と思います。

勝って楽しんで、次にまた向かうって、ことも大切ですけど、
ズルをしないとか、人の喜ぶことをするとか、
教えてくれる、叱ってくれる、
そういう姿を示してくれるって大事じゃないかなあと。

本気の向かうところはどこなのか、ということでしょうか。
  • 2011-07-10
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >中学軟式野球 >>夏の大会直前の練習ゲームでの保護者の会話

夏の大会直前の練習ゲームでの保護者の会話

日曜日、子どもの練習ゲームの「車当番」で出掛けてきました。
久しぶりに練習ゲームを見ました。
暑くて、日にも焼けたのですけど、
いいですね。

意外にも、
「上手だなあ」、と思う自分がいて、
わが子がミスすることさえ気にしない自分がいて、
これまでにない、不思議なカンカクを処理するのに戸惑いました。

それでも、チームは、
相変わらず、肝心の所でバントができなくて、
「バントするなら、練習しろよなあ」とか思ったのですが、
まあ、それはおいておいて。


ひっかかったのは、
保護者の発言でした。
って、自分も保護者なのですけど、
みなさん、わたしがかつて指導する立場にいたことをご存じで、
お互いに、ちょっと、距離があるので、、。


どういうことかというと、
「今度の土曜日は、大会の初戦で、
 先生は運営で出掛けるから、練習ゲームじゃなくて、
 保護者が練習を見よう。」

まあ、これは、これまでもあったことなので、理解できました。


「日曜日は、予定通り練習ゲームを、やってもらおう。
 試合勘が鈍るから、やった方が良い、、。」

って、それって、保護者に決定権があるんですか? 


驚きました。
もしかして、今までも、そんなことに口を出していたの? 
だとしたら、指導者の先生って、やりづらくないですか?

わたしなら、ご勘弁をー、って、ご遠慮しちゃいそうですね。
みなさん、一所懸命なんですねえ。







この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/270-33328d3a

0件のトラックバック

4件のコメント

[C43] 私もちょっと・・・

こんばんは 2回目の投稿です。

私は、保護者の立場ですが、保護者がチームのあり方、方向性を主張しだすと、けったいな感じになりますよね・・・ だってコーチ陣の中だけでも、方向性でモメる訳でしょ! そこでぶつかり合って方向性決めるわけですから・・・(それは仕方ないし、当たり前だと思ってます。 だって みなさん 真剣ですから。。。)

うちの家族は、監督、コーチに、息子を預けてますから、もし息子共々家族が、方針に納得できなければ、正面から話をして それでもダメなら やめるしかないと思ってます。

チームの入団誓約書にも『コーチ陣の方針には、口を出さない』って・・・書いてあるし

でも、ちょっと許されるなら、コミニュケーション取れてる状態でのコーチとの飲み会の場で、チームのあり方みたいな、話にちょっと 参加させてもらいたいなって ところですね。

うちのコーチ陣には感謝してます。 完璧なコーチ陣なんか居ませんよ! ボランティアですから、バックアップして盛り上げていくしか無いです!

実は、先日保護者の友達父さんと、ゆっくり飲みに行きまして、チームについて、語り合ったところです!

すいません 長々と・・・保護者もチームのあり方に、悩み、どうしたら良いのか、影でどう支えたら良いのかと 明るく悩んでいます。

いつも なかなか奥のある ブログ 楽しみに拝見させて頂いてます(ニコリ) また 心にぐいっと来たら 投稿させて頂きます。
  • 2011-07-08
  • H父さん
  • URL
  • 編集

[C44] H父さんさん、強いですね

H父さん コメントありがとうございます。

タイトルで、強いと表現しましたけど、
それは、

> うちの家族は、監督、コーチに、息子を預けてますから、もし息子共々家族が、方針に納得できなければ、正面から話をして それでもダメなら やめるしかないと思ってます。

って、読んだからです。

世の中では、心の中に思うことがあっても、
子どもを見てもらっている以上、
なかなか話ができない、保護者の方が多いと思っていますので。

指導者にもよるのでしょうけど、
わたしの子どもが少年野球をしていたときにも、
指導者に、とあるお願いをしたところ、それが、お気に召さなかったらしく、
指導部と呼ばれる方々から、
われわれが執拗な嫌がらせをいただきましたから。
おかげさまで、
2人目の子どもは、野球をやりたくないと、言っています。

それから、
よけいなことですけど、
> 『コーチ陣の方針には、口を出さない』
って、いうチームに対して、
個人的には、良いカンジがしません。

コーチの方々が、みなさん技術的にも人格的にも優れた方々ならよろしいでしょうけれど、
大変失礼なものの言い方になって恐縮ですけど、
少年野球を指導なされている方みなさんが、
そうとは限らないと思っているからです。

勿論これは、自分が指導していたときのことを振り返ってのことですけど。



> うちのコーチ陣には感謝してます。 完璧なコーチ陣なんか居ませんよ! ボランティアですから、バックアップして盛り上げていくしか無いです!
ということには大賛成です。
みなさんに感謝してもらえる指導者、
応援してもらえるチーム、って大事だと思っています。
でも、
ボランティアだからこそ、本気でやって欲しいなと、
思うことはしばしばあります。
中学生の部活動など、ホントにそう思います。

それから、少年野球の場合、
指導者はボランティアで指導してくれていますけど、
保護者は、どうなのでしょう。
子どものために、
朝早くからお弁当を作り、会場まで送り、応援をし、、などと、
これも、ほとんどボランティア状態じゃないですか?

逆に、ボランティアだと思われている、指導者の方の方が、
好きでやっているようなところがありませんか?

こんなこと言うと、失礼かもしれませんが。
自分の立場を考えてみると、そんな気がします。


  • 2011-07-10
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

[C45] ありがとうございます。

まだ伝えて無かったかも知れません。うちは、小学生の野球チームです。

コメント頂き はっと、しました。
コーチは、ボランティアだからと・・・それは、コーチ陣に対して、失礼な考え方だと判りました。

コーチ陣は、勝つことに、一生懸命、子供の成長を楽しんでやってはるし、それはそれでプロとしてやってるんですよね。

それと なんか、勝手に保護者とコーチ陣に線を引いている自分の気持ちにも 気付かされました。 目標は同じですから・・・

私にとって、とっても良いコメント頂きました。
ありがとうございます。
  • 2011-07-10
  • H父さん
  • URL
  • 編集

[C47] H父さんさん、コメントありがとうございます。

記事を改めて読んでみると、
なんか、自分が生意気なこと言っているので、
恥ずかしいですね。

少年野球の指導を何年も何十年もやっている、
名物監督さんと言われるような方がいらっしゃいますけど、
そういう方って、
野球の技術以上に、
心や気持ちについての指導をしてくださっているんじゃないかな、
と思います。

勝って楽しんで、次にまた向かうって、ことも大切ですけど、
ズルをしないとか、人の喜ぶことをするとか、
教えてくれる、叱ってくれる、
そういう姿を示してくれるって大事じゃないかなあと。

本気の向かうところはどこなのか、ということでしょうか。
  • 2011-07-10
  • baseball coach
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。