FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >高校野球 >>高校野球を観てタイムの意味について考えました

高校野球を観てタイムの意味について考えました

高校野球を見に行ってきました。

(日曜日、また、チームのゲームをお休みして。)

お天気がよく、日なたにいると、日に焼けるのが分かるようでした。



収穫は、「タイム」です。

高校野球ではマウンドに3人以上集まるタイムは9イニングで3回までと決められています

  参照:伝令の中身は……



日曜日に見た試合では、

1対3で勝っていた後攻のチームが、9回表の守備の時に2回のタイムを取りました。

それまでに1回タイムを消化していましたから、2回使っても問題はないのですが、

面白いなあ、と思ったのは、その取り方です。


9回ノーアウト3塁でタイム。これは、内野手が自分たちで集まったところで、ベンチから伝令が出ました。

2点差ありますから、「1点とられても大丈夫。ランナーを出すのは避けよう」と確認するためにとってもいいところでしょう。

その後、ノーアウト2,3塁になっても動きがなく、

2アウトをとって、2アウト2,3塁になったところで、3回目のタイムです。

しかも、1ストライクを取った後、ベンチから伝令が飛び出て、マウンドへ近づき、野手を呼び集めます。

何だよー、という感じで内野手が集まります。

だって、打順は8番。今日、当たっているわけでもありません。


前のタイムと同じで、「1点はやってもいいから2点目を入れない守備をしよう」という確認でしょうか?

2アウトを取って、野手にスキが出たのを感じ取ったのでしょうか?

ブルペンでは誰も投げていませんでしたから、時間を作るためでもないですし。

ひょっとして、

「ムリせず際どいボールを投げて、四球でもいいよ。9番バッターと勝負しよう」なんて指示なのか? 

と考えましたが、そんなことってないですよね。


結果は、1-2からファーストゴロで、ゲームセットでした。が、


どんな話をしたのか、聞いてみたいですねえ。

まあ、聞いたところで、情報を流してくれるほど甘くはないでしょうけど。

甲子園経験もある監督さんですから、きっと何か深い意味があるに違いありません。






この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/61-c232d9b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較