FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >試合の記録 >>全日本少年(中学生)軟式野球大会の予選を見てきました。

全日本少年(中学生)軟式野球大会の予選を見てきました。

昨日、全日本少年(中学生)軟式野球大会の予選を見てきました。

中学生の野球ですが、

8月17日(月)~20日(木)に横浜スタジアムで開催される大会です。

そのブロック大会の出場を決める地区予選です。


クラブチームの大会なのですが、

おもしろいことに、わたしの地区では、出場するチームは、

中学校から選抜された選手が地区代表のチームを作り、

指導するのも多くは中学校の先生。

フツーの中学校の単独チームはありません。



さて、

昨日見ていた試合は、

中学軟式野球の独特の? プレーが、勝敗を決めました。



1つめは、

2アウト1,3塁。

ピッチャーが相手4番を、

2-1と追い込んで、真ん中低めのカーブ。

際どいところでしたが、バッターは見送ってボール。

そして、次のインコースよりの低めのまっすぐをライト前。


いい当たりでしたので、「ライトゴロ」を狙おうと、

ライトが前進してきたところ、

芝生の切れ目にボールが当たり、大きくはねて、打球の方向が変わり、

ライトのグラブには届かず、……。


わたしには、2-1からのカーブは予想外で手が出なかったように見えたので、

相手がまっすぐを待っていると読んで、もう1球、カーブでくるのかと思っていましたが、

まっすぐで痛打されてしまいました。


それよりも、4番バッターのときでも、ライトゴロを狙えるってすごいですね。

しかも、打球が大きくはねる。軟式野球のボールって怖いです。



もう1つは、追いかけていたチームの6回裏の攻撃。

得点差は1点。

1アウトから3塁打が出て、1アウト3塁。

ここでサインは、エンドラン。

アウトコースの際どいところですが、バッターは空振り。

ランナーは挟まれて、アウト。


内野手が極端に前進守備の体制をとるのも軟式野球特有でしょうか。

セカンドは、マウンドのすぐ横にいました。

ちょっと強く打ったら、みんな抜けちゃいそうです。

2回にスクイズで得点していましたし、

ピッチャーの球から、空振りはないと踏んで

エンドランにしたのだと思いますが、

それにしても、ランナー3塁でのエンドランは、怖いですねえ。








こうした大会で、

選抜された選手たちのチームであると、

選手全員を試合に出さなければならない、というプレッシャーに襲われそうですが、

見ていた試合では、両チームともほとんど選手の変更はありませんでした。

勝てば、もう一試合あるようでしたが、

ピッチャー以外だったらどれだけ出てもいいのでしょうから、

たくさんの選手が試合に出てもいいように思います。


選抜されてきた選手が、自分の学校に帰って、試合に出なかった、となれば、

次は、選手を送り出さない、とか、協力しない、とか、なりませんか?

選抜された選手が、試合までに自分のチームに持って帰ったものの方が大きいんですかねえ。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/65-cd5d85be

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較