FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >練習の記録 >>イチロー選手のレーザービームのような送球ができるといいのですが

イチロー選手のレーザービームのような送球ができるといいのですが

朝起きると、雨。
練習ゲームの対戦相手の監督さんと連絡をとると、グランドは使えそう。

では、やりましょう、ということで、試合ができました。
ありがたいことです。

しかし、自分は、
外野の奥のグランドで、試合に出ない選手たちの、練習手伝い。
できることがあるだけ、ありがたいことです。

監督から指示されたのは、
外野手の、打球を捕ってからスローイングまでの一連の動き。

低いゴロを大事に捕りにいくと、
体の正面で捕ることになったり、
上体が前にかぶりすぎたりして、
ステップが苦しくなる。

ということで、

ゴロを「5歩のステップ」で送球できるように、見てください、ということでした。
左手にグラブをしているなら、左足を前に出して捕球するところが1歩目です。

実際に見てみると、

遠くへ投げようとする気持ちが強くて、4歩目の右足を後ろにステップして、
投げる方向に背中ごと向けてしまう場面があります。
肩が入るって言っていますか?
そして、フラフラします。
へたをすると、右足でケンケンしているように見えます。
5歩のステップの間に、ボールを捕って、握って、投げる、というリズムも難しいのですね。


イチロー選手は、両手でゴロを捕りにいってるね。
と、投げかけて、(ホントは、片手の方が多いように思いますが)
右足を出して、左足を曲げて、体の左側でゴロを捕る練習もやってみました。


まずは、キャッチボールから。
右足を出して捕る。
ボールを捕ったあとに、5本の指でボールを持って、手の中で縫い目にかける。
腕を振り下ろし、振り上げて勢いをつける。
3歩目は小さくステップして、4歩のステップで投げる。

なんて、小学生みたいな練習を入れてみました。

しかし、まだまだ。

仕方ないので、ハーフバウンドを捕る練習を入れてみました。
前に歩きながら、右足を出してハーフバウンドを捕る。
捕ってグラブを引くようなイメージでしょうか?

これで、少しはリズムよくなったような気がします。


試合で使えるといいのですけど。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/67-ae58e30c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較