FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >目標設定 >>悔しさがモチベーションをアップさせることがあるのでしょうか。

悔しさがモチベーションをアップさせることがあるのでしょうか。

先日、東京ドームに行った時、

野球体育博物館」にも行ってみました。

家族は、何度も行っていると言っていましたが、わたしは初めてです。



WBC優勝の展示コーナーがあったり、「王貞治 50年の球跡展」があったりして、楽しめました。

展示の中に、

高校野球、甲子園の決勝戦の結果が掲示されていたのですが、

それを見ていて、気づきました。


2009年優勝の清峰は、

2006年に、横浜に21-0で負けているんですね。


2006年に優勝した横浜は、

2003年に、広陵に15-3で負けています。


見学しながら、家族と話しました。

「こうして過去に大負けしたチームは、

 負けたことを忘れないように、記録や写真を、

 グランドや部室に、掲示してるだろうね。

 それで、選手は代わっても、チームとして、頑張ったのだね。」


いや、ホントかどうかは分かりません。

臥薪嘗胆なんてコトバが古いのもわかります。


でも、こんなことを考えたのは、

以前、大きな大会に出て、大負けした経験があるからです。

いまでも、ネット上で、そのときのスコアボードを撮った写真が見られるようになっています。

ちょっと離れた今だって、見れば、やるぞって、気持ちになりますよ。

あのとき、こうすればよかった、って思います。


悔しかったですもの。


行動、やる気に結びつけるために、過去の記録や記憶って大事ですよね。





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/71-21fcfa1b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較