FC2ブログ


BASEBALL PARKへ ようこそサイトトップ >高校野球 >>高校野球の試合で気づいた2つの伝達

高校野球の試合で気づいた2つの伝達

高校野球を見てきました。

気づいた「伝達」を2つ。



1つめ。


キャッチャーがサインを出し、

セカンドとショートが腰の後ろへ回した手で、

サインを外野手へ伝達する。


ピッチャーがモーションに入ると、

セカンド、ショート、センターが数歩、キャッチャーの構えた方へ移動する。

右バッターのインコースならレフト側に。

アウトコースならライト側に。


あまりにも極端に動くので、最初はダミーかと思いましたが、

どうやら、ホントにそのコースにピッチャーが投げ、

打球がそちらに飛ぶことを予測して動いている様子。


久しぶりに、こうした動きを生で見ました。

ちょっと前は、しばしば見たような気がしますが。



2つめ。


バッターがセーフティーバントをするかもしれないぞって、

伝えたいのだけれども、

スタンドの応援の声で、

ファーストの選手の声がサードまで届かない様子。

そこで、ファーストの選手はショートに声を送り、

ショートの選手にサードへ指示を送らせました。


面白いですね。

声も伝達するんですね。

ファーストからショートへは声が届くのだというのも発見です。

確かに、スタンドが近いファースト、サードは聞こえないかもしれませんね。

ランナーコーチの声がランナーに聞こえませんから。







この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://baseballcoach.blog6.fc2.com/tb.php/93-98160273

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

ブックマーク



blogランキング

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

人気ブログランキングへ



他の野球仲間のブログは、こちらから ↑

スポンサードリンク

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

キーワード



  

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

プロフィール

baseball coach

Author:baseball coach
BASEBALL PARKへようこそ!

高校で硬式野球、大学で準硬式野球をかじりました。
卒業後2011年春まで、地方の、とあるチームで監督、コーチをつとめてきました。
中学生の子どもの軟式野球にお付き合いする週末を過ごしたあと、2012年4月から、とある地方の中学校軟式野球のコーチをしています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
FX比較